ざっくりシストレ日記

イザナミを使用した株式投資日記

システムトレードソフトイザナミで何を検証する?

 

 

さて「イザナミ」を使って検証する指標や内容は、個別株のローソク足やテクニカル指標ばかりではありません。

 

 

なんと「イザナミ」ではNYダウの結果も売買ルールに組み込むことが簡単にできるんです。

 

システムトレードソフト「イザナミ」については下記の記事で紹介してます。

 

www.hasannsurumade.site

 

 

例えば「NYダウが〇%下落したら仕掛ける」みたいな感じです。

私は使ってないですけど、以前作った売買ルールで組み込んだルールもあります。

現在は様子見で実運用では使ってないですけどね。

 

 

 

そういえば最近、日経平均を見るとアゲアゲのようなので相場環境が良いのですね。

 

相場環境といえば、 

 

イザナミ」で相場環境という機能があり、「日経平均が〇〇だったら仕掛けをしない」とか「個別銘柄の〇〇の数が〇〇以上だったら仕掛ける」などなど個別銘柄以外の条件も追加できるんですよ。この機能は、かなり使えます。

 

個人投資家は常にポジションを持つ必要はないので、過去の検証で勝率の高いときだけポジションを持てばいいんです。

 

 

ちなみに、私のシステムは今日は仕掛けシグナルは1個だけ、しかも指値注文なので未約定。手仕舞いシグナルは朝の寄りで3つ成り行き手仕舞いで、完全ノーポジション。

 

 

 

システムトレーダーは日頃なにをやるか?

 


検証ですね。バックテストです。

「何で仕掛けのシグナル出てないんだよぉ~!マザーズ2%も上がってんぞぉ」

今日のようにトレードで納得がいかなかったら検証します。

 

 

とにかくチャートを見る

 

テクニカル的に今日は買いの日だったのか?買っちゃダメな日だったのか?

単純なルールで検証したりましす。

自分の場合は過去に作った売買ルールの結果などを見たりしますね。

 

テクニカル以外の要因があった?かどうか。一応調べます。

要人発言などの急な外的要因で、過去の傾向通りにならない場合もありますが、そこは株価が動いてからの指値、逆指値で対応すべきかなと思います。

 

そして売買ルールの作成

チャートを見てここで仕掛けたいと思ったら、その条件で銘柄が抽出できるように売買ルールを作成していきます。

出来上がったらバックテストを行い狙った通りに仕掛け、手仕舞いが行われているか確認します。そして大事なのが勝率や期待値、利益。

問題がないか確認し条件を追加したりパラメータを変えたりして作成しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

※当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。株式投資は自己責任でお願い致します。