ざっくりシストレ日記

イザナミを使用した株式投資日記

コーヒーや緑茶などに含まれるカフェインを取りすぎるとどうなるのか お題「コーヒー」

お題「コーヒー」

 

 

カフェインを取りすぎるとどうなるのか 

 

タイトルの結論を先に書きますと、カフェインを取りすぎると人によっては胃痛、胸痛、吐気、嘔吐、心拍数増加、不整脈、動悸、などの症状がでるらしいです。

 

コーヒーをよく飲みます

 

 

 話は変わりますが、先日100円のコーヒーカップに150円のカフェラテを注いで逮捕されたって事件がありましたね。

それで思い出したんですが、申し訳ありません。

私は100円のホットコーヒーを注文してカップを貰って、いざ注ぐってときに間違ってアイスコーヒー(100円)のボタンを押してしまったことがあります。

ご存じないと思いますがアイスコーヒーのボタンで注がれる量ってホットコーヒーボタンで注がれるコーヒーより少ないんですよ。

悔しいいぃ~、失敗した、失敗した~と思いました。

   

それはいいんですが、私はコーヒーが好きなので、ついつい飲みすぎてしまいます。

コーヒーを飲むと頭がすっきりして調子が良いんです。

でもコーヒーを1日に何杯も飲んでしまうので、その行為が体に良いのか悪いのかちょっと不安です。

実は私はこう見えて健康を気にするタイプなのです。

 

 

カフェインについて

カフェインの摂取量は1日に250mgまでを目安にすると良いといわれています。

コーヒー1杯(120ml)に69mg入っているそうなので 1日3杯ぐらいは大丈夫そうです。

しかし私の友人は日中にコーヒーや緑茶を一口飲んだだけで夜、寝つきが悪くなるらしく一切飲みません。

カフェインが体に及ぼす影響はアルコールと同じように体質によって個人差があるようです。

 

 

カフェイン中毒

 
さて、私個人の頭部のことで、うまく表現できないんですが

・頭の後ろの首の付け根の部分
・頭の中心
・目の裏
・コメカミ

痛くはないんですが、重いというか鈍いというかそのような感覚があります。
(深刻な病気ではないですよ、たぶん・・・。)

 


できれば頭の中を冷水で洗えたら気持ちいいだろうなぁと思います。

さすがにそれは不可能なんですが、その感覚を唯一味あわせてくれるのがアイスコーヒーなんです。


・脳ミソの毛細血管まできっとカフェインが流れ込んでいるんだなぁ~。(イメージです)
・とにかく脳がスッキリ~。
・もう最高~♪

と思っています。

さすがに冬はホットコーヒーを飲みます。朝から晩まで飲みます。
寝る前も飲むんですが、ぐっすり眠れます。


コーヒー無しでは生活できないレベルとなっています。

 

そもそもカフェインって?

 
調べていくと、カフェインには中枢神経系を刺激し眠気をはらい集中力を高めるといった効果があるとのこと。

カフェインは植物の葉、幹、種などに含まれる植物由来の天然成分らしいです。

 危険な薬ではないので一安心です。

 

 

個人の許容摂取量がある

 
そんな私でもコーヒーを飲みすぎると胸や腹部が気持ち悪くなります。

許容摂取量を超えてカフェインをとると、人によっては胃痛、胸痛、吐気、嘔吐、心拍数増加、不整脈、動悸、などの症状がでるらしいのです。

 

 

まとめ

 コーヒーは飲みすぎなければOKなようです。

しかし私は完全にコーヒーに依存する生活を送ってしまっています。

皆さんもカフェインを取りすぎないように注意しましょう。

※当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。株式投資は自己責任でお願い致します。