ざっくりシストレ日記

イザナミを使用した株式投資日記

売買ルールの停止の基準

 

f:id:re-man-kabuo:20190310152821j:plain

 

イザナミを使って株のシストレを行っています。

 

今回は売買ルールの停止の基準を考えてみました。

 

それは、ズバリ「自分がその売買ルールを信じることができなくなったら停止する」です。

  

 

事例を挙げて説明していきます。

 

久しぶりに日経平均株価が大きく下落しました。
多くの個別銘柄も大陰線で前日比も大きくマイナスとなってます。

 

明日のシグナルは、最近毎日のように出ている押し目買いのシグナルと、前日が大きく下げたこともあって、久しぶりに「逆張り売買ルール」のシグナルが出ています。

 
久しぶりの「逆張り売買ルール」は直近の成績が悪いです。

直近の暴落時はもちろん今年度に入っても期待値がマイナスです。

 

覚えている範囲で嫌な思い出しかありません。

通期(2000年から)や1年前から現在までの結果は勝率も期待値もとても良いので一時的な下げだと思いたいところです。

 

検証上でも不調な時期はありましたが不調の後はすぐに高値更新するような検証グラフとなっています。

 

しかし、どうしても売買ルールを信じられない不信感のようなものが生まれてしまっています。

 

こういうときは凄く悩みますが私は結論付けました。

 

「自分が本当に信じられるルールでトレードする」

です。

 

売買ルールの特性上、停止や改良無しで運用を続けられるのは稀です。

スパっと停止しましょう。

期間が経過して信じることができたら再度復活させましょう。

 

以上です。

 

あなたの勝手なジャッジです。

 

 

株システムトレードソフトイザナミ
※当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。株式投資は自己責任でお願い致します。