ざっくりシストレ日記

イザナミを使用した株式投資日記

【シストレ】イザナミで順張り(逆指値を使った)ストラテジー とスリッページ

f:id:re-man-kabuo:20190304173639p:plain

 

 

こんばんわ!

システムトレードソフト「イザナミ」を使って株のシストレを行っています。

 

 

 

 

本日の結果

 

本日の損益結果はプラマイ0でした。

仕掛けは押し目系戦略のシグナルが5つぐらい約定して、プラスになったものもあればそのままマイナスになったものありました。

 

売り戦略は1個損切となりました。

今日も全体的に軟調相場とになると予想していましたが、そうでもなかったです。

 

逆指値の仕掛けの戦略が今年に入ってからずっと調子がいいです。

本日も大きな含み益となってトータルでマイナスにならず助かっています。

 

順張り投資法の一つ?逆指値仕掛けのストラテジーについて

 逆指値仕掛けといえば直近高値や抵抗線や支持ラインを上抜けたブレイクアウトが有名です。

上昇相場のときは逆指値を使った戦略が調子が良くてたくさん作って、運用してたんですが2018年ぐらいから徐々に、ほとんどの戦略が使えなくなってしまいました。

現在も1つ以外は運用を止めてしまっています。

上昇相場のときは、なんでも逆指値で勝てたような気がするのですが、今は勝てなくなってしまいました。

私だけかもしれませんが、もしかしたら高期待値を狙い過ぎたのかもしれません。

 

スリッページ

逆指値で注意したいのはスリッページです。

(逆指値→トリガー価格到達で成行き注文での話)

スリッページとは注文した価格と実際の約定価格の差の事です。

スリッページを知らないと大変なことになります。

私は知らなくて何回か数万円の損になってしまいました。

発生するメカニズムは株価が高値抵抗線や支持ラインなどの逆指値注文のトリガー価格に到達すると、同じように注文していた人達の成行き注文が一斉に入ることで一気に株価が吹っ飛んでしてしまう現象です。

思っていた価格よりもの凄く高い価格で約定してしまうというビックリ&悲しい現象です。

回避策 

 

回避策としては皆と違うところにトリガー価格を持っていくか、売買代金が大きい銘柄に仕掛けることで回避できます。

イザナミで逆指値仕掛けを使った売買ルールを 作るときは売買代金や出来高制限をしっかり設定することをオススメします。

 

投資するなら、バックテストは必須です!
『株式投資ソフト イザナミ』♪無料ダウンロード♪

 

 

頂点へ駆け上がることを躊躇しないよ

 

    

本日もお疲れ様でした。

ご訪問ありがとうございました。

株システムトレードソフトイザナミ
※当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。株式投資は自己責任でお願い致します。