ざっくりシストレ日記

イザナミを使用した株式投資日記

シストレとは?イザナミを使って3000以上の上場企業から条件に当てはまる銘柄に仕掛けて利益を上げる!

f:id:re-man-kabuo:20190114170130p:plain

 

 

シストレというと「FX」も大人気ですが、当ブログは「株」のシストレについて書いています。

 

シストレってなんだろう?難しそうと思われている人に向けて書いています。

シストレは難しい部分もあるんですが、とっても楽しいんですよ。

私もシストレが本当に面白くて知れば知るほど、その奥深さに魅了されています。

 

 

  

システムトレード(略してシストレ)とは?

  

シストレというのは「システムトレード」の略で、投資のやり方の一つになります。

 あらかじめルールを決めてシステマチックに株を売買することです。

 

 

投資を行う際に裁量を排し一定売買ルールに従って売買を行う方法を指す和製英語。通常コンピュータに行わせる非裁量トレードの事を言う。略して「シストレ」。

 引用元: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

広義では機関が使用しているアルゴリズムトレードや自動売買のシステムもシステムトレードに当てはまると思いますがこの記事では個人投資家向けのシステムトレードについての説明になります。

完全放置の自動売買プログラムではありません。

 

 

シストレに必要なもの

  私の場合、システムトレードソフト「イザナミ」を使って売買ルールを作成してトレードしています。

 

売買ルールの作成にはバックテストを行って過去の大量のデータを分析するのですが、その大量なデータを分析することができるのがシステムトレードソフト「イザナミ」の一つの機能です。

 

下記のリンクからトライアル版を無料ダウンロードできます。

 

投資するなら、バックテストは必須です!
『株式投資ソフト イザナミ』♪無料ダウンロード♪

 

 

売買ルールを作るときはチャートやローソク足などを見ながらテクニカル指標使って勝率や期待値が高い条件を探します。

売買ルールができたら条件に一致する銘柄に仕掛けを行います。

売買ルールを実行することで、どの銘柄に仕掛ければよいかがわかります。

手仕舞いも同様に、どのように手仕舞いを行うかルールを決めて売買を行います。

 

売買ルールは自分のトレードスタイルに合わせたルールを自作できます。

 

例えば

  • 長期保有か短期保有か?
  • 順張りか逆張りか?
  • 買い戦略か売り戦略か?
  • 勝率重視か期待値重視か?
  • ハイリスクトレードかローリスクか?

ルールを決める条件次第で、結果を見ながら自分好みの売買ルールが作成できます。

 

 

作成が難しい場合は売買ルールを購入することもできます。

 

www.hasannsurumade.site

 

 

 シストレは勝てない?

 シストレで継続して利益を上げている人はたくさんいます。 

たまに「シストレは勝てない」という記事を見かけるのですが、私はそんなことは,ないと思っています。

詳しくは下記の記事でも考察しています。

 

www.hasannsurumade.site

 

実際に勝てるかどうか当ブログでも検証したいと思っています。 

  

 

シストレを使わないトレード

 シストレではないトレードは、いわゆる裁量トレードといいます。 

感覚的な株の売買です。

シストレを始める前は私も裁量トレード行っていましたが、適当に銘柄もタイミングもなんとなくで選んでいた為、なかなか納得のいくトレードはできませんでした。。

 なんとなく上がりそう下がりそうで株を売買すると資産を増やすのは難しいと思っています。

なぜなら専門でやってるプロがいるからで、素人は勝てません。

その他にバリュー投資の難しさも記事にしています。

 

www.hasannsurumade.site

 

 

株式投資は、お金が減ってしまうリスクあるので、株式投資をやりたい場合は、最悪の場合失っても構わないお金でやるのが得策と言えるでしょう。

お金が減るのは、本当につらいことです。

そして、とても悔しいものです。

   

シストレって楽しい

 システムトレードは一度売買ルールを作ってしまうと売買する銘柄を自動で選んでくれて注文のやり方に関しても成行きにするのか指値にするのか自動で判断してくれます。

それで資産を増やせれば最高なんですが、投資の世界はそんなに甘くはないのです。

シストレにも勉強や技術は必要です。

悩みながら戦略を組み立てるのもシストレの楽しさです。 

 

もちろんシストレで損失を出してしまうこともありますが、当ブログが参考になるかもしれません。

 

今後ともよろしくお願いします。

 

 

追記

最初の一ヶ月目の結果は下記の記事になります。 

 

www.hasannsurumade.site

 

 

  

 

 

 


※当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。株式投資は自己責任でお願い致します。