ざっくりシストレ日記

イザナミを使用した株式投資日記

株式投資は一喜一憂してはいけない?日々のトレードの一喜一憂について考えてみた。

  

f:id:re-man-kabuo:20190114183525j:plain

突然ですが私は日々のトレードの結果で一喜一憂していきたいと思っています。

 何故かというと、システムトレードの結果を見るのが生き甲斐だからです。

しかし、システムトレードをやらずに裁量トレードや長期投資をしている方は一喜一憂してはいけないと思います。

今回はそんな記事を書きます。 

 

 

どうして一喜一憂してはいけないか?

 

一喜一憂、つまり感情が入ってしまうとトレードに悪影響を及ぼすからなんです。

 

私は感情を表に出すタイプの人、大好きなんですがそれは日常生活のときだけ。

 

株のトレードするときは確実に邪魔になります。悪影響を及ぼします。

 

 

トレードをしているときに起きる感情は、欲、不安、恐怖などがあります。保有中の株価を眺めながらこんなことを思ったことはありませんか?

 

・「もっと騰がるかも・・・!」(欲)

 ・「これ以上下がったらやばいよ・・やばいよ・・。」(恐怖・不安)

 ・「この損失は必ず取り返してやるぞ~~。よーし、倍プッシュだ!」(欲)

 

 

そのような感情に満ち溢れたトレードでは確実にやられます(損します)。

実際にやられてきました(損しました)。

 

相場のプロたちは、あなたのその感情をよーく知っていて逆手に取って利益をあげているのです!

 

  

システムトレーダーは、ただシステムに従うだけです。感情が入る余地はありません。迷いがないのです。

 

「損切しようかな~?」

「利確しようかな~?」

 

株式投資をしていて迷うことはありませんか?

 

 

私の以前のトレードは

 

「損切しようかな~?」

「利確しようかな~?」

 

の繰り返しでした。繰り返して繰り返して私は疲れましたよ。 

 

 

 

一喜一憂しない方法

 

 

  • 「やったぜぇ~」と浮かれていると、大きな損失をくらったときに悲しい気持ちになるので、 とりあえず破産してなければOKという気持ちで取り組むようにします。
  • 1年後、2年後やその先、資産がどうなっているのか考える。
  • 明日きっと行って来いで元に戻るはず。
  • ただの数字が増えただけ
  • システムに沿って淡々と売買する

 

 

 

トレードにおいてメンタルの重要性は、色々な書籍やブログで見かけますが昔は、それを読んでもいまいちピンときませんでした。

 

正直「そんな話はいいから株でどうやったら勝てるのか教えてくれ~」といつも思っていました。

 

今も同じ気持ちです。。

 

 

 

  

 

気分転換に、、、

先日、猫カフェに行ったときに、撮った写真を載せたいと思います。

f:id:re-man-kabuo:20181126171657j:plain

 

 

株システムトレードソフトイザナミ
※当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。株式投資は自己責任でお願い致します。