ざっくりシストレ日記

イザナミを使用した株式投資日記

寝起きが悪い?浅い眠りと深い眠りを可視化する不思議なアプリ『スリープサイクル』

f:id:re-man-kabuo:20181223021725j:plain

今回は「スリープサイクル」という不思議なアプリを紹介します。

何故、不思議かと言うと浅い眠りと深い眠りの時間帯を可視化できるアプリなんです。

スマホで、いったいどうやってそんなことがわかるのか不思議ですよね。

 

朝起きるのがつらい&質の悪い長時間睡眠

 

 

私は、いつも寝起きが良くありません。

朝、起きるのがとても苦痛なんです。

 

目覚まし時計を使わないといつまでもダラダラと寝続けてしまいますし、たとえ目覚まし時計を使って起きたとしても、いつも頭がボンヤリとしてなかなかスッキリ覚醒できません。

 

眠りの深いタイミングで目覚ましが鳴ってしまうとよけいにひどく、目覚ましの鳴ったときのビックリした感じとか、最悪な目覚めとなってしまいます。

 

そして起床してから3時間ぐらいは常にボンヤリとした状態で過ごすことになります。

食欲もないですし、仕事や人づきあいにも支障がでてしまいます。

朝テンションが低い人いますよね、私です。

 

大事な会議、商談、イベントがあるときはいつも朝起きれないかもしれないという不安から今度は夜眠れなくなり、不眠症のような状態になってよけいに睡眠の質が下がるという悪循環もよく経験します。

 

生活のリズムとしては最悪で不眠と長時間睡眠を繰り返すという、非常に不健康なパターンを繰り返してました。

 

長時間睡眠についても、ぐっすり眠ったというよりは睡眠の質が悪い浅い眠りで寝てしまっていますので起きてスッキリとならないのです。

 

寝起きが良くなる?

 

「スリープサイクル」というアプリのことを知ったのは、デイヴ・アスプリー氏の『シリコンバレー式、自分を変える最強の食事』という本を読んだ時です。

 

この本はおもにダイエット目的の食事について書かれているのですが、睡眠についての箇所もあり、そこでスリープサイクルが紹介されていました。

 

枕元にスマホを置いておくだけでユーザーの睡眠をチェックしグラフ化してくれるという説明に関心が湧き、さっそくグーグルプレイでアプリをインストールしてみました。

 

アプリの説明文を読むと、睡眠の状態をグラフ化してくれるだけでなく、ユーザーの眠りがいちばん浅くなったタイミングでアラームを鳴らしてくれる機能が搭載されています。これはいいと思い、アプリを使い続けることにしました。

 

スリープサイクルの使い方は簡単でした

 

 

スリープサイクルの使い方は思っていたよりも簡単でした。アラームをセットして、枕元にスマホを置くだけです。

 

あとはスマホが眠りの深さを勝手にチェックしてくれます。アプリの説明文には「充填した状態で寝てください」と書かれていますが、そこまで電池が減るわけではないので、電池がある程度残っている状態なら充電しないままセットしても大丈夫でした。ただし寝る前にスマホ機内モードにしておくことは大事です。

 

ネットに接続された状態だと電波によって睡眠に悪影響がでる可能性があります。

 

グラフ化された睡眠をチェックするのもけっこう楽しいですよ。

 

深い眠りになっている時間帯や期間は毎日変わるので、過去のデータと比較するのがおもしろいです。

 

スリープサイクルを使用した結果、寝起きがよくなりました。例えば朝の7時にアラームをセットした場合、朝の6時半から7時までの30分のあいだでユーザーの眠りがいちばん浅くなったタイミングを見計らってアラームを鳴らしてくれます。これはありがたいです。

 

その結果、深い眠りの最中に強引に起こされるということがなくなるわけです。頭がボンヤリしたまま一日を過ごすことも減りました。

 

朝起きれないのではないかという不安が減ることで寝付きも改善されます。

 

こうなると以前の悪循環とは逆の好循環が生まれて、勉強や仕事もスムーズに進み、食欲が出て胃腸の調子も良好になります。

 

睡眠グラフをチェックするのがおもしろいので、寝るのが楽しみになったというおまけもあります。

 

基本無料で使用できますが、課金すると自分のいびきを聞くことができます。

 

興味を持たれた方は、使ってみて下さい。

スリープサイクルのおかげで生活や体調が好転できるかもしれませんよ。

 

 

 

株システムトレードソフトイザナミ
※当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。株式投資は自己責任でお願い致します。